トリックアートの世界

トリックアート美術館

大人も子供も楽しめる不思議アート空間

装飾

トリックアート美術館

What is Trick art ?
トリックアートとは?

人間の目の錯覚を利用して立体的に見える絵画や観る角度によって印象が変化する作品など

平面の作品を立体的に描く超リアリズムアートです。

作品に直接触ったり、写真を撮ったりと子供から大人まで楽しめる参加型アートとなっています。

絵が飛び出す!

平面に描かれたモノや人物が、立体的に浮かび上がる

額縁から飛び出してくる絵画の迫力をお感じください。

飛び出す絵
飛び出す絵
見え方1
矢印
見え方2
絵の見え方が変わる!

見る場所によって、足が伸びたり

曲がったり・・・

立ち位置で変わる、

絵の変化をお楽しみください 。

錯覚を体感する!

「エイムズの部屋」は、全身で錯覚を体感できる作品

不思議空間をお楽しみください。

錯覚を体験する
トリック写真
写真を撮って遊ぶ!
写真を撮って遊ぶ!

作品と一緒に撮影するのも自由!遊び心を発揮して

あなたもトリック写真に挑戦してください。

装飾

美術館内マップ

美術館マップ
装飾

作者紹介

設立時に、トリックアートの草分け的存在であった(故)劔重和宗氏の指揮で当館の展示物製作が進められました。

 

現在は、上海出身の陳 西瑜(ちん せぇゆ)氏がオリジナリティにあふれ、いきいきとした立体アート「トリックアート」を次々と創作・展示しています。

作者
陳 西瑜(ちん せぇゆ)氏

学歴
1959年 7月 中国宇夏西吉具 生まれ
1977年 7月 中国上海大境高等学校 卒業
1986年 7月 中国上海軽工業専科大美術科 卒業
1993年 3月 日本東京武蔵野美術学園油絵科 卒業

活動歴
1988年 4月 中国上海青年美術画展 入選
1988年 9月 来日
1989年 5月 中国全国グラフィック展覧会 入選
1991年12月 日本千葉そごうデパート「中国現代画展」出品
1992年 8月 日本上野の森美術館「日本の自然を描く展」 入選

1992年11月 日本東京マークウェルギャラリー「中国現代画展」 出品
1992年11月 日本東京ルセーヌ館「日中交流 20 周年記念展」 出展
1993年 2月 日本東京吉祥寺あーとらんだむ館 個展開催
1993年11月 日本太平洋美術会「日・中・韓 国際交流展」 出展
1999年 8月 第37回全日本美術協会展 入選

2001年 8月 第48回全日本肖像展 入選

現在
全日本肖像美術協会 会員